赤ちゃんの為の葉酸取得

彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲むことに抵抗がありませんね。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、良かったと思っています。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。体温低下で血行不順になると栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。

冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。

冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。妊娠が分かった後に葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も、葉酸の摂取によって健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。
除菌剤チャーミスト インフルエンザ・ノロウイルスもサッと除菌!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です